FC2ブログ
RECENT ENTRY

→2008.09.13(Sat) 00:51:12 CPGとphpMyAdmin―解決!

→2008.09.11(Thu) 08:25:42 Coppermine Photo GalleryとphpMyAdminと新鯖

→2008.03.30(Sun) 00:13:46 foobar2000とMixi Station

→2008.03.30(Sun) 00:12:49 foobar2000のカスタマ

→2008.02.13(Wed) 01:55:48 男・女・男・男・女・男・女!

170:最近のあれこれ。
2006.10.30
感想文的な|漫画

- tag -
マンガ
長編
GTO
うしとら


comment(0)
trackback(0)
最近のあれこれ。
さて、ここしばらく現実逃避著しいため色々マンガ読みました。

だめですね。




知ってました。


そなわけで二本目はマンガトーク。

内容は
秘密―トップ・シークレット
GTO
うしおととら』となっております。


まずは友達から借りてきた清水玲子の新シリーズ『秘密 トップシークレット』
この人のマンガ大好きっす。
でも、一冊も自前で持ってないけどw

最近LaLa読まなくなったからかぐや姫とかどうなったんだろう、と思いつつ、何気に一番好きなのはライオンの話だったりする、僕。

さてさて、秘密ですが、近未来SFチックで大好きジャンルですね。
テーマは『もし人が他人の脳みそを覗けたら?』
ここでの脳みその覗き方はMRIが進化して、死後数時間の新鮮な脳から人の視覚的記憶をスキャン&実写化するって言うお話。

あえて取り除いた脳からじゃないとこの技術が行使できない、聴覚に関する復元は不可。
この二つのポイントがいい感じにリミッターになってて話をより複雑に作ってるから面白い。
実際こんなことが可能になるかどうかは、あたしの知ったこっちゃないけど、2巻で出てた夢の話とかは自分でも覗いてみたいな、と思った。

だがしかし、この漫画の一番のお楽しみポイントは物語の倫理的なことや、本質ではないらしい。

家に遊びに来てた友達がこれを読んでいて、本作主人公?的キャラの『薪警視』気になってしょうがないらしい。


薪さんって実は女!!!???



白泉社だしね。
ひげづら部下は確かに以上に薪さん大好きだけどね。



そりゃねぇよ。


清水玲子の書くきれい顔の男はあんな感じです。
しかも、下の名前『剛』って出てましたから。

さすがに・・・それは。。。



はぃ次。
先週の中間1発目の現実逃避として読んでいたGTO。
もぉね、やっぱりね。

菊池カコイイ!!!

だいすきさぁ~w

前にも書いた気がするけど、たとえ中学生設定でも、あーいうキャラにはかなり弱いらしい。

頭よくって、
色々できちゃって、
大人なめきっちゃって、
でも、突発的事象には弱い

そんなキャラは大好物なようです。

ぁ、ちなみにもちろん本編も結構好きですよ?
湘南のころからの馬鹿丸出し、でもいい子と言っちゃう鬼塚。
こぉいう捻じ曲がった熱血は許される範囲みたいです。

まぁ、漫画だしね。



そんでもって最後。
現実逃避&FFからの暇つぶしで読んでいた『うしおととら』。
久しぶりに読むといいねー。
やっぱ藤田さんのいいとこがぎっしりつまってる感じがしていい。

何よりもアシが豪華でマジ笑うww

からくりも皆から評判悪いが、あたしは結構好きだったし。最近のサンデー的にはこの手の画風は受け入れにくいかもしれないが、いい作家だと思うよ?
現在はバッギャモンだっけか?の原作書いてるが、どうせなら本人がやればいいのに・・・と本当に思ってますorz

弟子の安西然りな・・・(MARの続編は違う人が担当)


さて、これ読んでて。
思ったこと。



秋葉流ぇぇええ!!!

兄さんカッコヨスゥゥウウ!!!

(マタカイナ)


いやね。
これもね。
ある意味上の菊池と似たパターンだよね。

でも、どっちかってーとカテゴリー的にはバルフレアに近いかな?とも思ってるけど。

なんでもそつなくできる。
故に世間様を冷静に傍観&皮肉る。
とはいいつつも意外と世話焼き。
そして周りの天然少年に振り回される。
勿論突発的事象に弱し


器用貧乏と呼ばれる人たちが好きなようです(笑)
ついでに、天然に振り回される様なんてうはうは見たいです。


ウヘヘヘヘ

ぁ、勿論内容も好きですよ?
なんだかんだ言いながら最後までついてきちゃうとらとか。
その他諸々少年誌ならではのセオリーが盛り沢山なとことか。

でも、最後白面の者と潮はあんまし直接闘ってない気がしたのは片手間に読んでたせいですか?



やっぱ漫画は楽しいなぁ~♪

スポンサーサイト



COMMENT
コメントを投稿する
NAME

MAIL
HOME

TITLE
COMMENT

PASS
SECRET 管理者だけに表示
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
http://nekogurui.blog16.fc2.com/tb.php/170-1ced9466
トラックバック